初心者が鉄道模型イベントに参加するなら

鉄道模型は作るという醍醐味もありますが、レールの上を走らせてその姿を眺めるといった楽しみ方もあります。そしてそれに以外にも全国各地で鉄道模型のイベントを催していますので、それら参加するというのも良い方法です。

そこでより楽しめるように、初心者が覚えておくと良い基本的なことを紹介しておくので、参考にしてもらえれば幸いです。

どのような格好で行くのが良いのか

鉄道模型イベントに参加する際の服装についてですが、できるだけシンプルで動きやすいものを選んでおくと良いでしょう。興味がない人にとって鉄道模型イベントはかなりマイナーに感じるかもしれませんが、全国に鉄道ファンがいるため当日はかなり混み合います。

数百人から数千人が集まる鉄道模型イベントも珍しくないのです。そのためネックレスや耳たぶから大きく垂れ下がっているようなデザインのピアスなどは、避けておきたいところです。理由は人に当たるとトラブルになりますし、どこかに引っ掛けて破損させる恐れがあるからです。

さらに大きな会場の場合だと、端から端まで相当な距離を移動することになります。そこで足に負担が少ない靴を選ぶようにしておくのが無難です。それ以外にも鉄道模型を作ったり塗装したりといったイベントがあり、参加する予定なら汚れても構わない服を着て行くと良いです。

持って行くと良いものについて

録音する機械や写真を撮れるものを用意しておくと良いです。スマートフォンでも構いませんが、離れた場所からだとなかなかうまく機能しない可能性があります。そのためボイスレコーダーやデジタルカメラなどの専用の機器の方が確実です。

なぜそのようなものが必要なのかというと、鉄道模型イベントなどにはその道の有名人が来場するケースが多いからです。鉄道模型を作る際に、覚えておくと良いちょっとしたテクニックを教えてもらえることがあるのです。

その際には会場内が騒がしい場合が多いですし、必ずしも前列に位置できるとは限らないです。もしも後ろの席しか確保できなくても、ボイスレコーダーなら上手に話を録音できる可能性が高いです。すると後で聞き返して、自分が鉄道模型を製作する時の参考にできます。

加えてデジタルカメラなら、多少遠くてもスマートフォンよりきれいに写せることが多いです。

自分の作品を持ち込む場合

鉄道模型イベントには、自分が製作したものを展示させてもらえる、あるいはコンテストに参加できることがあるのです。そこで鉄道模型を持ち込む際に注意しておきたいのは、破損させないことです。何かしらのケースに入れていても、中で鉄道模型が動いてしまうとそれだけで壊れる可能性があります。

そのため隙間には柔らかな布を詰めておきましょう。中には綿などを使う人がいますが、鉄道模型の細かな溝に入り込んでしまう恐れがあり、取るのに時間がかかるのでやめておきたいです。他にも業者に配送してもらうという方法もありますが、万が一遅れるとイベントに参加できません。

おまけに壊れ物指定をしていても、破損しないとは言い切れないので、大量に持ち込むわけではないなら自分で運ぶ方が確実です。

お目当ての鉄道模型なのかどうかの確認を

鉄道模型であればどれでも好きだというのなら、特に神経質になる必要はありません。ところが特定の鉄道模型にしか興味がないなら、きちんと事前に確認しておかなければいけないです。具体的にはNゲージなのかOゲージなのか、それともZゲージなのかです。

これは鉄道模型を走らせる線路のサイズを表しています。鉄道模型のことについて詳しくない人とっては、違いがわかりにくいかもしれませんが実際に見た目が大きく変わります。しかもNケージの鉄道模型では、Zゲージの線路の上を走らせることができません。

鉄道模型のイベントに参加したものの、まったく楽しめなかったといった事態になりかねないので気をつけましょう。

限定品を手に入れるためには

鉄道模型イベントでよくあるのが、限定品の配布です。その鉄道模型イベントでしか買えないものがほとんどなので、ファンにとっては何としてでも手に入れたいと考えるでしょう。その場に行けば必ず買える、あるいは来場者全員に配られるものならそれほど入手は困難ではありません。

時間や日付を間違えずに、決められた会場へ行けば良いだけです。問題は数量限定のもので、どうしても欲しいなら早起きしてイベントが行われる場所に行って整理券をもらいましょう。競争率が激しいなら友人に依頼して、一緒に並んでもらうという方法もあります。

そして鉄道模型イベントを主催している会社のサイトの会員になっておくのも良い方法です。いち早く限定品の販売の情報をもらえることある上に、会員の人なら優先的に購入できるなどの特典がつく場合もあるのです。それでも手に入れられなかった場合は、インターネットオークションに出品されるのを待つしかないです。

しかしその場合でも他の人との駆け引きになりますから、必ず買えるとは限らないのです。

鉄道模型イベントに参加する際の注意点

鉄道模型イベントでは展示されているものを見るだけではありません。模型やティーシャツ、鉄道関連のグッズなどが販売されていることが多いです。その際には現金で購入しても構いませんが、大勢の人が集まる場所で大金を持ち歩くのは不安に感じる場合も少なくないのです。

そこでクレジットカードを用意しておくと良く、最近では対応している鉄道模型イベントも増えてきています。またたくさんのグッズを買うつもりなら大きめの手提げ袋を用意しておきたいです。人によっては両手が自由になるからとリュックを使う人もいます。

ただし不特定多数の人が押し寄せるところなので、気がつかない間に中身を取られているといった事態も起こり得ます。できれば斜めがけの鞄にしておくか、どうしてもリュックを使うなら背中ではなく、体の前で抱えるようにしましょう。

鉄道模型イベントの中には手荷物を預けられることもありますし、コインロッカーがあるなら積極的に利用したいです。そして小さなお子さんを連れて行く機会も多いのでしょうが、迷子にならないようにくれぐれも気をつけたいです。

よくあるのが大人が夢中になってしまい、気がつくといなくなっていたというパターンです。不安に感じるなら思い切って子供は託児所に預ける、もしくは初めから連れて行かないといった選択肢も検討しておくと良いです。